Vistaとメモリ

ここでは、「Vistaとメモリ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新です、こんばんは。

先日、「サロン・ド・佐々木」というお店に髪を切りに行きました。

元々、知り合いの方のお店だったのですが
髪を切ってもらうのは初めて。

普段は美容室なので、髭を剃ってもらえるって新鮮ですね(^^






さて、そのお店にお伺いした際に

「うちのノートパソコン重いんだよね~」

というお話がありました。


パソコンの構成を確認すると以下のとおり。

OS:Windows Vista
メモリ:1GB
セキュリティソフト:ノートンインターネットセキュリティ


八丈島で「パソコンが重い~」と言われた際によくみる構成でした(^^;



早速、「例のまな板」の例えを使って、メモリが足りない旨をご説明。
メモリを増設するお話になりました。


ノートパソコンの場合、メモリを差し込むスロットは2箇所あります。

予想では1箇所に1GBのメモリが取り付けてあり
もう一つのスロットは未使用だろうと考えていました。

そこへ2GBのメモリを取り付ければ、合計で3GBになります。



しかし、自宅へ戻り、そのノートパソコンのハードウェア構成を確認すると
最大メモリサイズ 2GB
出荷時に512MBのメモリが2枚搭載



う~ん…(--

こうなってくると手は二通り。

①512MBのメモリを1枚外し、1GBのメモリを1枚増設→合計 1.5GB
②搭載済みのメモリは全部外し、1GBのメモリを2枚増設→合計 2GB

メモリ購入の金額差は¥1,000弱、セキュリティソフトの事も考えると
やはり2GBまで増設したいところ…


再び連絡を取り、構成上の制限などと合わせてご説明。
結果、2GBまで増設する事となりました。



しかし、Windows Vistaとメモリ1GBという組み合わせのパソコンは多いですねぇ。
※マイクロソフトが公表しているVistaのシステム要件は「メモリ1GB以上」

確かにメモリが1GBあれば、Windows Vistaはそれなりに動きますが
基本、セキュリティソフトや常駐ソフト等がパソコン上で起動する事になります。

快適に使うとなるとVistaならメモリは2GB、できれば3GB欲しいところではないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Vistaですかぁ・・・苦い思い出が・・・

Vistaが出てすぐ会社のパソコンでDynabookSSを購入しました。
自社ソフトをVISTAで検証したかったこともありましたし、営業的には、Vistaで早々にデモ!!な~んていきごんでました。

もちろん!!  メモリ1GB
・・・・orz
よかったのははじめだけ・・・

使えば使うほど・・・遅く・・・遅・・・く  お・・・そ・・

ノートのメモリを増設!! なんと最大が1.5GBまで!!・・・orz
変わらない・・・

起動からメール受信に20分なんてことも耐えて耐えて抜いて、ついにWin7 Let'sNote に更新

今まで苦労した甲斐もあって超快適^^

結局のところ、Vistaが悪かったのか・・Dynabookが悪かったのか・・いやはや、多分ダブルパンチを食らったのでしょうね・・・
2010/04/08(木) 12:28 | URL | ぶぅ #-[ 編集]
ぶぅさん、初めまして。

そうですねぇ、Vistaはハードウェアに対する要求が高いですからねぇ。

しかしメモリ増設が1.5GB制限とは厳しい…

かなり初期に購入されたようなので、XPを基準にした構成のハードウェアに
VistaをインストールしたPCだったのかもしれませんね。

私ならメール送受信に20分なんて耐えられません(笑

お話を聞く限りでは、確かにダブルパンチ…かもしれません(^^;
2010/04/08(木) 20:10 | URL | 八丈パソコンサポート -HPS- #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bloghps.blog9.fc2.com/tb.php/35-99eea068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。