FC2ブログ

八丈島ルアーフィッシング(カヌー編 2 )

ここでは、「八丈島ルアーフィッシング(カヌー編 2 )」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完全に夏になりましたね、こんにちは。

とても暑いです(--;


それでは「八丈島ルアーフィッシング(カヌー編)」の続きです。

釣果も芳しくなく、今日のところは帰ろうという話になりました。




出発時に流した「アイッパラ」狙いの仕掛けを
父が準備し始めたところで

私「ちょっと試しにルアー流してもいい?」

父「ああ、いいぞ」

まあ、行きにかなりの距離を流してダメでしたし
こういったトローリング的な事はした事がなかったので試すだけ(^^


流すルアーは買うだけ買ってほとんど使っていないこちら。
saluovert90p02.jpg

写真だとよくわかりませんが、このルアー、長さが13cmあります。
ゆっくり沈むタイプでスローリトリーブからミディアムリトリーブ用かな?
あまり早く引くタイプのルアーではありません。

船の速さがそれなりなので浮かないように長めに糸を出します。
それでも時折くるくる回ってしまうかもしれません(--;



流し始めてから数分間

かかってもアイッパラかな~ まあ、かからないだろうな~等と考えながら
ボーっとしていると



「ココンッ!」



オォ! Σ(-д- )ノノ


私の挙動を見て、父が「当った!?」

私「う~ん、アタリのような…もしかしたらルアーが浮いただけかも」




そのまましばらくすると






「ビィィィィィ」←ラインが出ていく音です(^^;






私「喰った! 喰った!」 ←大慌て(^^;

父、急いで船を停め、アイッパラ用の仕掛けを回収急ぐ

その間もラインは出っ放し、残りのラインもどんどん少なく…


やばい(--; まさか大物が掛かるとは…


父「でかいのか?」

私「でかいね… ライン切れるかも…」


本来、岸から投げて釣る為のセッティングなので
ラインも細く(35lb)、120mから130mしか巻いていません。
そして元々長めにラインを出していました。

残りがあと僅かというところで、意を決してドラグを締めるとようやくストップ。

しかし、これはお魚さんがちょっと休憩しているだけ
力を取り戻せばまた走りだします。


ちなみにドラグというのは、ラインをテンションに合せて勝手に出るようにするシステムです。

ラインが10の力まで耐えられる→ドラグ10→魚が10以上の力で引っ張る→ラインが勝手に出るので切れない。
ドラグを締めればラインが切れる可能性が高くなります。



ラインのテンションは恐らくぎりぎり、慎重に巻いていきます。

巻く→魚走る(ライン出る)→巻く→魚走るを繰り返します。


父「船を魚のほうに寄せるか?」

私「う~ん、いや、なんとか頑張ってみる」


しばらく格闘の後




「プツンッ…」



…orz

魚影すら確認できず…(--




しばらく「残念だったなー」的は会話をしたあと

父「もう一回同じところ流してみるか?」


「 お願いします!」 ( ̄へ ̄ゝ(即答)






仕掛けを作り直し、次に使うのは
saludrpen18p01z2.jpg
ほとんど使っていないルアー第2弾です(笑
長さ18cm、先ほどのルアーとおなじようなタイプです。




俄然やる気は出てきましたが、そうそう何度も… 「ビィィィ!」

マジッスカ! Σ(-д- )ノノ


しかし、今度は水面で跳ねる跳ねる、遠くに見える細長い魚影…

IMG_1291.jpg
ダツさんでした(^^; 写真もテキトウ(笑




再びルアーを流し始め、先ほどヒットした付近に近づいたとき

「ビィィィ!」

おぉ! また喰った!

しかし引きはそれほどでもなく、順調に巻ける程度。

小さなカンパチかな?


船近くまで引き寄せたとき、それなりに走りましたが無事にキャッチ


IMG_1293.jpg
2kg程のカンパチでした(^^


父「さっき切られたやつもカンパチだったかもな」

私「そうだねー、いや~ 残念だったなー」

父「船を魚のほうに寄せれば釣り上げられたかもな、でもそれだと面白くないしな」

私「そうだねー」


私&父「……」




父「もう一回、流してみるか?」


「 ありがとうございます!」 ( ̄へ ̄ゝ




再び同じコースを流し始める





私「もし… もしもだけどさ。 またでかいのが掛かったらさ…」

父「うん」



「船を寄せてください m(_ _)m 」 ←プライドなし





先ほどからのヒットポイントを通り過ぎ

「まあ、そんなに何度も喰わないよね~ アハハ」なんて会話をしていると


「ビィィィィィ」


私「来た来た! でかい、さっきと同じくらい!」

父「ちょっと待ってろ(仕掛け回収中)、今船を寄せるから」


ドラグを締めるもラインは出る出る

先ほどのパターンもそうですが、ラインを出しすぎると海底(根)に潜られて
岩などにラインがひっかかり切れてしまいます。

船をゆっくり寄せ始め、しばらく巻いていましたが、またもやラインブレイク…orz




しばし脱力…




父「帰るか」

私「そうだね…」



ちょっと残念な結果でしたが、新しい発見(トローリング?)もあり、かなり楽しめました(^^
岸から投げてもそうそう大物なんてかかりませんしね。

まだまだ青物シーズンは続きますのでとても楽しみです。



  -RESULT-
・アカバ 3匹
・タコ 1匹
・カンパチ 1匹
・ダツ 1匹(リリース)

・ルアー①  -¥1,800
・ルアー②  -¥1,800
 
&重度の日焼け (T-T)
※日焼け対策はしっかりね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bloghps.blog9.fc2.com/tb.php/62-30e54641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。